トレチノインの正しい使用方法とは?

トレチノインの服用方法を説明する医者 トレチノインはビタミンA(レチノール)の誘導体で、シミ、ニキビ、光老化に効果があります。微量ではありますが、人間の血液の中にも流れているためアレルギー反応がない点が特徴です。
トレチノインはビタミンAの約100~300倍もの生理活性があって強力な新陳代謝作用によって,表皮内のメラニン色素を皮膚の外へ排出します。また長期外用によりヒアルロン酸、コラーゲンの生成を促進するため、表皮、真皮が厚くなってハリが生まれて小じわなど改善します。ピーリングとしてまたは高濃度の外用薬は、ニキビ治療などに効果があります。
海外ではシワ、ニキビを消す薬として許可されて非常に多く使用されていますが、日本では厚生労働省に保険の治療薬としては認められていませんが医療機関での使用は可能です。
そのためコスメとして市販されているものには、高い効果は望めません。
しかし皮膚科の処方薬では効果があります。アレルギーにおこしにくく安全性の高い成分のため、肝斑などのシミにも対応できます。
美肌に効果的な成分としてレチノール酸など注目を集めていますが、さらに高い活性物質がトレチノインです。
高い効果が望めますが、間違った使い方をし時のリスクはとても高くなります。
角質を剥がす作用が人によって赤く炎症することがあります。
このピーリングは敏感肌の人には強い刺激となり火照り、炎症などをおこります。
そのためトレチノインを使用している時の紫外線対策などは、とても重要です。
日本では一般に市販されていない濃度のトレチノイン配合のクリームは個人輸入で求めやすくなっていますが、リスクの心配があります。
そこで最初は皮膚科で自分に適した濃度のトレチノイン配合の処方が一番です。
とくに敏感肌の方は、皮膚科であってもパッチテストは必ず受けた方が安全です。

トレチノインの間違った使用方法で肌が荒れる

肌荒れを気にする女性 トレチノインとは主ににきびを治療する医薬品であり、普通の化粧水 対処法では直すことのできないにきびも治療することのできる医薬品として知られています。
また、シミ、くすみにも高い効果があるとされ、綺麗になりたい方に適した医薬品とされています。
個人差はありますが、人によっては重度のにきびが三か月程度の使用で完治する可能性があるとされているため、使用法を守り、適度に使用することができれば、皮膚の悩みに苦しむ人にとっては救世主ともなりえる医薬品となっています。
トレチノインは前記の通りに効果が高く、重度の肌のトラブルも完治させることができるとされていますが、応じて肌への負担も大きく、間違った使用法で使い続けることで、使用前よりも肌の症状が悪化することがあると言われています。
トレチノインの副作用としては、炎症が激しくなり赤みがひどくなる、色素沈着が発生しシミが増加する、肌の免疫力が弱くなり肌のトラブルが多発、といったものが挙げられ、それらは時に重症化し取り返しのつかない症状に陥ることも考えられます。
そのために、トレチノインを使用する前には使用法をしっかりと把握し、使用してはいけないケースを理解することで、肌のトラブルを回避することができるようになります。
トレチノインは新たな肌の構築を促し、古い肌を排出する手助けをします。
そのため使用者には程度の差こそあれ炎症が起き、シミができやすくなります。
そのため、シミの抑制効果のあるハイドロキノンという医薬品を同時に使用することで、シミの発生を防ぐことができます。
またトレチノインを使用することで古い皮が剥け、表皮に白く残る場合がありますが、それを無理に剥がしてしまうことで肌に負荷がかかり、炎症が起きやすくなってしまうため、古い皮が自然に剥がれるのを待つことが必要になります。

トレチノイン使用で結果が出たらいつまで使う?

トレチノインクリームを塗る女性 トレチノインは、ビタミンA(レチノール)の誘導体です。
ビタミンAは、もろい成分であり、体に取り込みづらい特徴がありますが、ビタミンAの誘導体は、皮膚に浸透させやすい成分に変化しているため、効率の良い治療を行うことが可能になります。
トレチノインは、シミ・しわ・にきびの治療医薬品として用いられます。
シミの治療の場合は、通常2か月間の治療で感知するといわれています。
治療は、最初の2~6週間に肌を漂白する効果があります。
薬を塗りこむことによって、治療部位の皮膚が赤くなり、垢のように皮膚がぽろぽろむけていきます。
治療を初めて最初のうちは、肌に赤みが増してきますが、シミは薄くなってきます。
トレチノインを使用してから最初の期間は、炎症が続き、一番つらい時期になりますが、その後は肌が薬に慣れていき、赤みやしみるような痛みもなくなっていきます。
トレチノインは強力な薬品であるため、漂白治療中は、必ず最低2週間に1度は担当医の診察を受けて経過観察をしてもらうことが重要になっていて、注意する必要があります。
皮膚が乾燥しすぎる場合は保水剤やオイルなどを使う必要があるため、医師の指導によって、適切な管理をする必要があります。
シミが消えてから、薬の使用をやめて、肌の炎症を冷ましていく必要があります。
炎症を冷ましていくために必要な期間は、2~6週間であるとされていて、炎症が消えていくときれいな透明感のある肌に仕上がります。
トレチノインは、2~4週間でメラニン色素を外に出す効果があるとされています。
どの製薬会社の薬であっても、1か月前後で使用を1度やめる必要があるため、薬の使用は、使用法をきちんと理解してから行う必要があります。